« 音と振動 | トップページ

2017年2月20日 (月)

老人施設で「吹き矢と運動」

今日は義母が入っている老人施設で「吹き矢と運動」を行いました。参加者は30人弱かな。介護施設で車椅子の人が半分くらいです。

予想に手をあげてくれるのは数人、でも構わずに進めました。意外な実験の時には「ほーっ」と声があがることもありました。

実験は20分くらいで終わり、後半は本物の吹き矢セット(介護施設用)で遊びました。1人ひとりに吹き矢を吹いてもらったのです。

みんな一人ずつ吹いたのですが、ここでちょっと驚いたことがあります。それは「私はいいわ(しないわ)」という感じの人が多かったことです。つまり消極的というかネガティブというか、自己肯定感が低いというか、そんな感じが見えたのです。もちろんそういう人にも吹き矢をしてもらい、的に当たったことで「ヤッター」ということになったのですが。

でもそうなるのも分からないでもありません。だって老人は、若い頃と比べたらどんどんできないことが増えていくわけです。なかなかポジティブにはなれないのも仕方がないと思います。

それは仕方が無いにしても、少しでも明るい笑顔になれる時間を作れたらいいなぁと思いながら帰って来ました。

ちなみにこれは勤務先の仕事では無く、個人のボランティアとして行っています。勤務先の仕事になればいいと思うのですが、力不足でなかなか認めてもらえません。

« 音と振動 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人施設で「吹き矢と運動」:

« 音と振動 | トップページ