« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

最近の出来事

 5月131415日と、地域のお祭りでした。とくに1415日はお神輿について歩いたので大変でした。1日目が3万歩、2日目が2万5千歩歩きました。右の膝が少し痛くなりました。今年で終わるつもりなのですが、どうなるか…。

 毎日仕事に行っているわけでもないのに、いろいろとすることがあり、なかなかゴルフに行けません(打ちっ放し練習場にはたまに行っていますが)。たとえば自分の部屋の整理とか、ボロボロになっていた家の竹垣を直すこととか。あ、竹垣はなかなかうまくできました。写真を下にのせます。

Photo_2

そして、退職してからすごく変わったことと言えば、料理を作るようになったことです。今までは全く作ったことは無かったのですが、仕事に行く日でも、朝食後2時間くらいの時間があるし、行かない日ならもっとあるからです。
 料理をしたことが無くても今は便利なものがあります。インターネットです。ネットでレシピを探すとものすごくたくさんのレシピが出てきます。それに従って作れば私でもなかなか美味しい料理ができることが分かりました。次回に作る時のために、スマホのメモのところにレシピを保存してありますが、今数えたら10以上ものレシピがありました。我ながらすごいなぁ。押し寿司、タケノコの煮物、シーチキンとほうれん草のサラダ、ぬた、ハタハタの煮物、新玉ねぎのドレッシング、麻婆豆腐、キュウリとワカメの酢の物、オムレツ、エンドウ豆とジャガイモの煮物、ほうれん草のゴマ和え、トンカツ、大根と人参のツナ煮込み、間引き菜のナムルです。他に、紙に書いてあるレシピもいくつかあります。

 

 科学館の仕事の方は、ぼちぼちです。土日にはサイエンスマジックを何回かやりました。遠足で来たり校外学習で来たりする子ども達には液体窒素の実験をしたり、マジックをしたり。あ、昨日は<もしも原子が見えたなら>の動画版と分子模型作りを45分でやりました。「そんなことができるだろうか」と思いましたが、動画版は20分で、模型作りも20分くらいででき、最後には質問を聞いたり感想を聞いたりする時間がありました。模型作りは梵天を使いました。A5版の分子模型一覧が100円でお土産として持って帰ることが出来るので、なかなかいいプログラムじゃないかなぁ。

 3D映像も見たいし他の勉強もしたい、でも時間はあまりないという、学校からの訪問に対してはこういうのも仕方がないかなぁと思います。楽しかったかどうかを聞きましたが、みんなとても楽しかったと言っていました。

 2校の中学生にも液体窒素の実験をしました。やはりそのクラスの個性が感じられ、興味深かったです。

 保育園(認定こども園)児の年長さんに「コロリン」をやりました。45分間でしたが、最後まで盛り上がり楽しかったです。先生方にも十分楽しんでもらえたと思います。

 

 まだ部屋の片づけができていませんが、そろそろゴルフ三昧生活に浸りたいです。

 

2016年5月20日 (金)

ドライバーのこと

 12月20日のこのブログにドライバー(ゴルフクラブ)のことを書きました。その時には「新製品のドライバーよりも自分のものの方が良く飛び、方向性も良かった」という結論でした。

 その後3月頃になって、退職記念に(こればっかり ^^;)新しいのを買えればいいなぁとまた思い、また同じ店に行きました。その時対応してくれた店員さんは、12月の時とは違う人でした。ですからまた違う結果が出るかもなぁという期待がありました。

 それで何本か打ってみると、自分のドライバーの飛距離より1020ヤード飛ぶものが2本ありました(機械で分かる。この時は自分のドライバーは持って行かなかったのですが、前回測った)。これはB社とC社のものでした。

 それで心が結構動きました。

 その後、久し振りに行った練習場で遇った研修会の知り合いから勧められたのがT社のもの。打ってみると確かによく飛んでいるような気がしました。

 それでやっとゆったりとした休日がとれた17日、家から車で30分くらいの大きな街にあるいくつかのゴルフ店を訪ねてドライバーの試し打ちをしてきました。

 基本的にはB社とC社、そしてT社、他にもあればいろいろと試させてもらい、私に合うドライバーが買えたらいいなぁと思って行きました。

 そして、4つのお店を回りました。結論は、決まりませんでした。どうしてかと言うと、そのお店によってどのクラブもあまり変わらなかったり、今の自分のものが良かったりしたのです。よく分からないでしょ。

 そういうわけで、近いうちに家の近くのお店でもう一度自分のクラブとBCT社、その他のものを試し打ちさせてもらおうと思っています。

 それと、いくつかのお店を回っているうちに自分のスィングの欠点が分かり、それを改善すれば少しは飛距離が伸びそうだとも思いました。

 まぁ今後どうなるかは分かりませんが、今はそんな感じです。

2016年5月17日 (火)

退職記念ギターのこと

 1月31日のこのブログに「退職記念にいいギターを買いたい」ということを書きました。

 ただ、今持っているギターと明らかな音の違いが無いとあんまり意味が無いので、東京の楽器店でいろいろ聞き比べをした、という話でした。

 アコースティックギターの有名メーカーというと「マーチン」と「ギブソン」です(どちらもアメリカ製)。その中でも「マーチンD-28」「ギブソンJ-45」というのが有名です。値段的には30万円前後かな。

 ところが地元の楽器店でそれを弾いてみても、東京の楽器店でそれを弾いてみても、今持っているK-ヤイリのギター(価格は6万円弱)とそんなに音の違いが感じられません。これには困りました。自分の耳が良くないにしても、少なくとも自分の耳で聞いて違いが感じられなければ買う意味がありません。

 それで「どうしようかなー」と思いながら、毎日過ごしました。

 3月の終わりごろ、地元の楽器店に行って、私の事情を話し、いろいろなギターを弾かせてもらいました。「この音では…」「もっとこんな音…」といいながら国内、国外のギターで高いもの安いもの、10本以上弾かせてもらいました。 でもどのギターもそんなに違いませんでした。

 そして、あるギターを弾いた時に「あらっ!これは違う」「こんな音の出るギターが欲しかった」というギターがありました。

 でも、あわてて買っても良くないと思ったので、アメリカ旅行から帰って来てから判断することにしました。

 そしてアメリカから帰って来てからまたそのギター店に行き、マーチンやギブソンも含めてそのギターも弾かせてもらいました。

 そうすると、やっぱり違いました。私のイメージするいい音を、そのギターは鳴らしたのです。

 それでそのギターを買うことにしました。マーチンやギブソンにも「D-28」「J-45」と違うものもありますし、日本製のギターにもいろいろなメーカー、そして種類がありますが、どこのメーカーでいくらだったと思いますか? 

 私が「これは違う」と思ったギターは「クラフターGA-45N」というギターでした。それは「アリア」という韓国のギターメーカーのもので、9万円弱の価格でした。音さえ良ければ4~50万円まで覚悟していたので、安く済んで良かったです。ネットでは同じ型番のものが6万円弱で売られていましたが、同じ音が出るかどうか分からなかったので、この店で買いました。

 その後家で弾いていますが、前のものと比べてもいい音なので(自分的には)、とても満足しています。 そして、勤務している科学施設に置き、小さい子ども達が多いときにはギターで歌を歌ってから始めています。

 追記 このギター、いろいろなところに貝殻などを使ったきれいな装飾があって、それも気に入っています(^^)。

2016年5月14日 (土)

「のに」と思ったら「のだ」その2

 (昨日の続き) たとえば「あの時ああすれば(言えば)良かったのに」なんて考えませんか?

 私はわりによくそう思います。そしてその「…のに」に続くのは「しなかった(言わなかった)俺はダメだなぁ」と思うのです。これってあまり良くないことです。

 でもその「のに」を「のだ」に変えるとどうでしょう。

  「あの時ああすれば(言えば)良かったのだ」になります。そうするとその「のだ」の後には「今度からそうしよう(言おう)」「これが分かって良かった」となります。

 この方が良くないですか? 私はいいと思います。 いかがでしょうか。

2016年5月13日 (金)

「のに」と思ったら「のだ」に

 最近読んだゴルフ漫画雑誌の中で「<のに>と思ったら<のだ>に変えるといい」というのがありました。

 どういうことかと言うと、だいたい「のに」と言う言葉はネガティブな言葉です。「ティーショットは良かったのに」「前半は良かったのに」という感じです。この後には「あとが悪かった」と言う言葉になります。

 その「のに」を「のだ」に変えるとどうなるでしょう。「ティーショットは良かったのだ」「前半は良かったのだ」となります。悪い所にフォーカスせず、良かったところに考えが行くわけです。

 これすごくいいです。何かがうまくいかない時に使えると思います。皆さんもぜひどうぞ。

2016年5月10日 (火)

最近の出来事

しばらく更新できませんでしたが、いつものように大した理由はありません。まあ意外に忙しかったということもありますが、寝る暇も風呂に入る暇も無かったわけでは無く、優先順位としてブログを書くほどの時間が無かった、ということでしょうか。

426日にゴルフに行った後、ゴールデンウィークになりました。私は某科学教育施設に勤務するようになり、子ども達の前で科学実験などを見せる立場になりました。それで、ゴールデンウィーク中は毎日サイエンスショーをやっていました。4月30日から5月8日まで9日間休み無しですからなかなかすごいでしょ。まぁ午後だけ午前だけの日も3日間ありましたが。

 ネタはサイエンスマジックショー。これは私の自信ネタで、子どもも大人もビックリ納得のものです。

 今日は今日で、某小学校が来館したので「パタリン蝶」をやりました。

明日からはしばらくお休み。でも週末には地区のお祭りがあり、町内役員の末席にいる私も2日間まるまるお神輿の後をついて巫女の舞のお手伝いです。12日にはお祭りの押し寿司も作るので、まだしばらくゴルフ三昧にはなりません。残念ですがもう少しの辛抱のはずです。

 「今日もゴルフに行って来ました」と書く日も近い、はずです。

 あ、そうそう、7日土曜日にはサークルがありました。毎月やっているのに新しい話題があり、知的好奇心が満たされます。ありがたい話です。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »